再生を促す歯科治療という方法

抜かない治療方法とは

予約

抜歯を避ける歯科治療

日本人の成人の多くの人がかかっている歯周病では、歯周組織がダメージを受け、進行すると歯がグラグラするという状態になります。一昔前であれば、抜歯する方法がとられていましたが、最近の歯科医院では、できるだけ歯を抜かない治療をしています。インプラントを選択する場合は別として、ブリッジや部分義歯は抜歯した歯の隣の歯に影響を及ぼします。ブリッジとは、抜けた歯の両隣の歯を削り、抜けた歯の部分を含めた一連の鋳造物をつくります。健康な歯を削ることは今度はその歯が悪くなってしまいます。歯だけでなく、歯茎にいままで以上の力がかかります。部分義歯も金具を引っ掛ける部分の歯に余計な力がかかってしまいます。そのことを考え、薬を注入する方法で、歯を保存するような歯科治療が行われます。

低負担の抜かない治療

歯科治療というと、抜歯やドリルによる治療など良い印象が少ないという方もいるかもしれません。しかし、最近の治療では痛みなどの患者への負担が少ない治療、抜かない治療方法なども数多く開発されています。そうした治療法の一つに、接着治療という方法があります。この接着治療とは、従来の治療法とは異なり虫歯によって浸食されてしまった部分を掻き出して、そこに生まれた空間に特殊な素材を流し込むことによって、歯が持っている再生能力によって虫歯を治療しようというものです。このように歯科の医学界では虫歯の治療も日々進歩しており、負担の少ないものへとなっています。

↑PAGE TOP

© Copyright おすすめ歯科は予防の有無で見る. All rights reserved.