インプラントの手入れは

インプラントで笑顔

予約

インプラントで見た目をよくする

ちょうど笑った時に見える位置に歯が抜けているために、笑う時はいつも口元を隠すようにしているかもしれません。そういう場合はインプラントをするなら自然で気にせずに笑うことができます。部分入れ歯をするほどでもない場合も最適です。歯が抜けていると、どんなに決めていても様になりません。滑稽なイメージを与えてしまいます。人前に出ることがおっくうになることもあります。いつもマスクをつけるわけにはいきません。でもインプラントをするなら、人目を気にせずに堂々としていられます。入れ歯のように複雑な手入れ歯は必要ありません。

インプラント治療と持病について

インプラント治療を行う場合に持病を持っている場合にはしっかりと相談することが重要です。場合によっては治療が適さない場合もあります。例をあげると高血圧症や心臓疾患などの循環器疾患、喘息などの呼吸器疾患、糖尿病や骨粗しょう症などの代謝疾患、肝臓や腎臓などの疾患です。また服用している薬がある場合には必ず歯科医師に報告することが重要です。あくまでも手術なため血液が止まりにくい薬などを服用していると大きなトラブルにつながる危険性もあります。またあごの骨が十分でない場合にもインプラント治療が出来ない場合があります。

↑PAGE TOP

© Copyright おすすめ歯科は予防の有無で見る. All rights reserved.